荒畑寒村 あらはた かんそん(1887〜1981)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:あ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:社会運動家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:神奈川県[前の人物次の人物]

職業・身分 社会運動家政治家
出身地(現在) 神奈川県
生没年月日 明治20年8月14日〜昭和56年3月6日
1887年8月14日〜1981年3月6日)
号・別称等 荒畑勝三(あらはた かつぞう)

解説

幸徳秋水らの反戦・社会主義思想に共鳴し、明治37年(1904)横浜平民結社を創立。『牟婁新報』『平民新聞』等の記者および編集者として活躍。41年「赤旗事件」に連座し入獄。出獄後、大正元年(1912)大杉栄と『近代思想』創刊。11年日本共産党創立の中心となるも、15年(1926)の党再建には参加を拒否。昭和2年(1927)山川均らと『労農』を創刊。以後労農派の指導者として活動、12年人民戦線事件で検挙。戦後は労働組合運動の再建に奔走し、21年日本社会党から代議士に当選。23年脱党。26年社会主義協会に参加するが、脱会後は一線を退き文筆活動に専念した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:ひとすじの道
請求記号:289.1-A651h
白黒、11.7×18.2 cm