安部磯雄 あべ いそお(1865〜1949)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:あ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:社会運動家[次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 社会運動家政治家教育家
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 元治2年2月4日〜昭和24年2月10日
1865年3月1日〜1949年2月10日)

解説

キリスト教社会主義者。父は福岡藩士岡本権之丞。同志社に学び、新島襄から洗礼を受ける。明治24年(1891)よりアメリカ及びドイツに留学した後は、同志社、32年から東京専門学校(後の早稲田大学)で教鞭をとった。31年幸徳秋水らと社会主義研究会、34年には社会民主党を結成した。大正15年(1929)社会民衆党結成、委員長就任。昭和3年(1928)第1回普通選挙で当選(4回当選)。7年社会大衆党を結成し、委員長となる。戦後は日本社会党顧問。また、早大野球部の創立者として知られ、嘉納治五郎らと大日本体育協会を設立。熱心な産児制限論者として廃娼運動にも関わった。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:社会主義者となるまで 安部磯雄自叙伝
請求記号:289.1-A124s-(2)
白黒、7.0×9.6 cm