池田勇人 いけだ はやと(1899〜1965)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:広島県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家首相[前の人物]

職業・身分 官僚政治家首相
出身地(現在) 広島県
生没年月日 明治32年12月3日〜昭和40年8月13日
1899年12月3日〜1965年8月13日)

解説

大正14年(1925)、京都帝大法学部卒業後大蔵省入省。病気で一時退職するも復帰し、昭和20年(1945)主税局長。22年、第1次吉田内閣で事務次官に抜擢される。24年衆議院議員に当選。第3次吉田内閣の蔵相となり、経済安定9原則によるインフレ収拾に尽力。26年のサンフランシスコ講和会議では、全権委員として平和条約に署名。第4次吉田内閣で通産相となるが失言問題で辞任。35年から計3次の内閣を組織し、高度経済成長政策や所得倍増計画を推進した。39年、ガン治療のため辞職。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:母の山脈
請求記号:281.09-Se119h
白黒、5.9×6.6 cm