神近市子 かみちか いちこ(1888〜1981)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:社会運動家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長崎県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家社会運動家
出身地(現在) 長崎県
生没年月日 明治21年6月6日〜昭和56年8月1日
1888年6月6日〜1981年8月1日)
号・別称等 イチ(いち)
榊纓(さかきおう)

解説

女子英学塾(後の津田塾大学)在学中から青鞜社に参加。大正3年(1914)東京日日新聞記者となる。その後社会主義思想に接近するが、5年恋愛関係のもつれから大杉栄を刺傷して(葉山日蔭茶屋事件)、懲役2年の刑を受ける。出所後は『女人芸術』、『婦人文芸』の創刊に参加、評論活動を行った。戦後昭和22年(1947)民主婦人協会の設立に参加。28年日本社会党(左派)から衆議院議員に当選、1回の落選をはさんで44年まで務め、売春防止法の制定等に尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代女傑論 現代日本女性を代表する十二人
請求記号:281.09-A158g
白黒、11.2×14.2 cm