村田省蔵 むらた しょうぞう(1878〜1957)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:む[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 明治11年9月6日〜昭和32年3月15日
1878年9月6日〜1957年3月15日)

解説

明治33年(1900)高等商業学校(後の一橋大学)卒業後、大阪商船に入社。昭和9年(1934)社長となる。海運自主統制を提唱して、12年海運自治連盟を結成し、理事長に就任。14年貴族院議員。第2次・3次近衛内閣の逓相兼鉄相。17年フィリピン派遣軍最高顧問、18年駐フィリピン特命全権大使を歴任。戦後、戦犯容疑で拘置され、22年釈放。26年公職追放解除。外務省顧問を経て29年フィリピンとの賠償会議に全権委員として参加。30年には日本国際貿易促進協会会長として中国を訪問し、日中関係の改善に尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:私の生活信条
請求記号:281.04-Z32w
白黒、6.9×9.7 cm