松永安左衛門 まつなが やすざえもん(1875〜1971)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長崎県[前の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 長崎県
生没年月日 明治8年12月1日〜昭和46年6月16日
1875年12月1日〜1971年6月16日)
号・別称等 松永安左エ門(まつなが やすざえもん)
松永安左ヱ門(まつなが やすざえもん)
耳庵(じあん)

解説

慶応義塾中退後、日本銀行職員、石炭商などを経て、明治42年(1909)福沢桃介と共に福博電気軌道を設立、45年九州電灯鉄道(後の九州電力)を創立した。大正6年(1917)衆議院議員。10年関西電気副社長、11年同社と九州電灯鉄道を合併して、東邦電力(後の中部電力)を設立し副社長、昭和3年(1928)社長となる。電力の国家管理反対の急先鋒として活躍したが、国策会社日本発送電が発足して国家統制が強まると、17年東邦電力を解散し全事業から引退。戦後、24年電気事業再編成審議会会長に選出され、全国9ブロックに発電・送電・配電一貫経営の民間会社を置く体制を断行し「電力の鬼」と呼ばれた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:私の生活信条
請求記号:281.04-Z32w
白黒、6.9×9.7 cm