大村仁太郎 おおむら じんたろう(1863〜1907)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(人文科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(人文科学)教育家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 文久3年6月〜明治40年6月5日
1863年〜1907年6月5日)

解説

ドイツ語学者。父は東京府士族。幼年時に牛込筑土八幡町の万昌院で漢学を学ぶ。明治14年(1881)に陸軍省御用掛、翌年には外国語学校に奉職。以後、陸軍大学校、東京大学予備門、第一高等中学校を経て学習院教授となる。34年ドイツに留学、39年学習院教授を辞職。これ以前から独逸協会の幹事を勤め、38年には独逸協会中学校(1883創立)の4代目校長となる。教育者として家庭教育の重要性を唱え、また、エレン・ケイの著作を翻訳するなど、教育関係の著作が多数ある。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm