小林一三 こばやし いちぞう(1873〜1957)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山梨県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 山梨県
生没年月日 明治6年1月3日〜昭和32年1月25日
1873年1月3日〜1957年1月25日)
号・別称等 逸翁(いつおう)

解説

明治25年(1892)慶応義塾卒業後、26年三井銀行入社。40年箕面有馬電気軌道(後の阪神急行電鉄)の設立に参画し、専務となる。昭和2年(1927)社長に就任。鉄道沿線の宅地開発、箕面動物園の設置、宝塚少女歌劇団の創設、ターミナルビル百貨店開業など、独創的な手法で乗客を誘致し、鉄道会社による多角経営のモデルを築いた。興行界にも進出し、東京宝塚劇場、東宝映画を創立。15年第2次近衛内閣商工相、16年貴族院議員勅選、20年幣原内閣国務相兼戦災復興院総裁。21年公職追放。追放解除後は、経営が悪化した東宝の社長に就任し、大阪、東京にコマ劇場を設置するなどした。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:私の生活信条
請求記号:281.04-Z32w
白黒、6.9×9.7 cm