小倉正恒 おぐら まさつね(1875〜1961)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:石川県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 石川県
生没年月日 明治8年3月22日〜昭和36年11月20日
1875年3月22日〜1961年11月20日)
号・別称等 簡斎

解説

明治30年(1897)東京帝大法科大学卒業後、内務省に勤務。32年退官して住友に入社。昭和5年(1930)総理事となり、財界人として活躍。8年貴族院議員。16年住友を退社し、第2次、第3次近衛内閣の国務相、蔵相に就任。17年戦時金融金庫総裁、東亜経済懇談会会長として戦時下の経済を推進。19年南京国民政府全国経済委員会最高顧問。21年公職追放を受ける。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:私の生活信条
請求記号:281.04-Z32w
白黒、6.9×9.7 cm