児玉謙次 こだま けんじ(1871〜1954)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:香川県[次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 香川県
生没年月日 明治4年11月7日〜昭和29年2月13日
1871年12月18日〜1954年2月13日)

解説

明治25年(1892)高等商業学校(後の一橋大学)卒業後、会計検査院に勤務。26年横浜正金銀行に入行。ボンベイ支店、上海支店の支配人などを務め、大正11年(1922)頭取となり、為替の安定に尽力。昭和12年(1937)大蔵省顧問、13年中支那振興総裁。14年貴族院議員。20年終戦連絡中央事務局総裁に就任するが、21年公職追放。解除後は、日華経済協力促進会長、南洋協会相談役等を務めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:私の生活信条
請求記号:281.04-Z32w
白黒、6.9×9.7 cm