金森徳次郎 かなもり とくじろう(1886〜1959)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:愛知県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚学者(社会科学)
出身地(現在) 愛知県
生没年月日 明治19年3月17日〜昭和34年6月16日
1886年3月17日〜1959年6月16日)

解説

憲法学者。明治45年(1912)東京帝大法科大学卒業後、大蔵省を経て法制局に入り、大学でも憲法の講義を行う。大正13年(1924)法制局第一部長、昭和9年(1934)法制局長官となるが、天皇機関説論者として軍部・右翼から批判を受け、11年辞職。21年貴族院議員、次いで第1次吉田内閣の国務相として日本国憲法の制定に多大な貢献をした。第90回帝国議会では、新憲法草案に関する政府側のほとんどの答弁を行った。23年国立国会図書館初代館長。著作、講演等の文化的活動も広く知られる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:わが青年時代
請求記号:281.04-Z24w
白黒、11.2×8.4 cm