藤井丙午 ふじい へいご(1906〜1980)

現在のカテゴリー:生年月日順:1900年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ふ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岐阜県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 岐阜県
生没年月日 明治39年2月23日〜昭和55年12月14日
1906年2月23日〜1980年12月14日)

解説

昭和6年(1931)早稲田大学専門部政治経済科卒。同年東京朝日新聞に入社し、記者を経て、12年日本製鉄に入社。戦時中、鉄鋼統制会理事、総務局長等を務める。22年第1回参議院議員選挙で当選(当選3回)、23年芦田内閣で経済安定政務次官。25年日本製鉄の解体により設立された八幡製鉄に入社、総務部長、常務を経て37年副社長となる。45年新日本製鉄副社長。財界と政界のパイプ役を務める。40年から48年まで国家公安委員。また、語学教育振興会、癌研究振興財団、日本体育協会各理事等、各種団体役員も務めた。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:落第読本
請求記号:281.04-Ta963r
白黒、10.0×16.1 cm