八木秀次 やぎ ひでつぐ(1886〜1976)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大阪府[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)
出身地(現在) 大阪府
生没年月日 明治19年1月28日〜昭和51年1月19日
1886年1月28日〜1976年1月19日)

解説

電気通信工学者。明治42年(1909)東京帝大工科大学卒。大正2年(1913)ドイツ、イギリスに留学、8年東北帝大教授となり、短波長ビームに関する研究を行った。15年宇田新太郎とともに八木・宇田アンテナを発明し、国際的に高い評価を得た。レーダーやテレビの受信用アンテナとして広く使用される。昭和7年(1932)大阪帝大教授兼任、17年東京工業大学長、19年技術院総裁、21年大阪帝大総長を歴任。一時公職追放となるが、28年参議院議員。31年文化勲章受章。工学博士。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:随筆集
請求記号:049.1-Y128z
白黒、6.0×9.0 cm