田中穂積 たなか ほづみ(1876〜1944)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長野県[前の人物次の人物]

職業・身分 教育家学者(社会科学)
出身地(現在) 長野県
生没年月日 明治9年2月17日〜昭和19年8月22日
1876年2月17日〜1944年8月22日)
号・別称等 聖川(せいせん)

解説

財政学者。明治29年(1896)年東京専門学校(後の早稲田大学)卒業。『東京日日新聞』記者を経て、米国コロンビア大学に留学。37年より早稲田大学の講師として財政学・経済学を担当し、大正4年(1915)に同大学理事、9年に商学部長となる。昭和6年(1931)に第4代総長に就任し、大学の規模拡大に手腕を発揮。文政審議会委員、日本学術振興会創立委員・理事、教学刷新評議会委員、教育審議会委員を歴任し、14年に貴族院議員に勅任された。法学博士。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:田中総長追想録
請求記号:GK135-53
白黒、9.7×13.6 cm