桜内幸雄 さくらうち ゆきお(1880〜1947)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:さ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:島根県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 島根県
生没年月日 明治13年8月14日〜昭和22年10月9日
1880年8月14日〜1947年10月9日)
号・別称等 蒼天

解説

父は広瀬藩士。印刷工、新聞記者などの職に就いた後、雨宮敬次郎に認められて実業界に入る。埼玉電灯の再建を手掛けたことを契機に、銚子、石巻、磐城、土浦、逗子などの各地で電灯電気会社を設立し、電気事業に従事した。明治45年(1912)日本電灯の設立に参画し、取締役となる。大正9年(1920)衆議院議員(当選8回)。昭和2年(1927)立憲民政党の結成に参画し初代幹事長となる。第2次若槻内閣商工相、平沼内閣農林相、米内内閣蔵相を務めた。20年内閣顧問、枢密顧問官。21年公職追放。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:桜内幸雄自伝 蒼天一夕談
請求記号:GK124-52
白黒、10.8×13.7 cm