松本健次郎 まつもと けんじろう(1870〜1963)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家教育家
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 明治3年9月10日〜昭和38年10月17日
1870年10月4日〜1963年10月17日)

解説

明治24年(1891)アメリカに留学。26年帰国後、実父安川敬一郎と安川松本商店を創設し、炭鉱経営、石炭販売に従事した。42年技術者の人材養成のため、父と共に私財を投じて明治専門学校(九州工業大学の前身)を開設。大正7年(1918)明治鉱業社長に就任。昭和石炭社長、石炭鉱業連合会会長、日本石炭社長、石炭統制会会長等を歴任。昭和18年(1943)内閣顧問、20年10月貴族院議員勅選される一方、日本経済連盟会会長も務めたが、21年公職追放、26年解除された。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:松本健次郎懐旧談
請求記号:GK81-37
カラー、9.1×11.6 cm