石原莞爾 いしはら かんじ(1889〜1949)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山形県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 山形県
生没年月日 明治22年1月18日〜昭和24年8月15日
1889年1月18日〜1949年8月15日)
号・別称等 石原莞爾(いしわら かんじ)

解説

大正7年(1918)陸軍大学校卒業。陸大教官となり、ドイツへ出張、戦争史研究に従事。昭和3年(1928)、関東軍参謀。6年満洲事変を引き起こし、翌年の満洲国設立に至る事態を主導する。10年参謀本部作戦課長、翌年戦争指導課長として、世界最終戦論に基づいた軍事政策を立案。12年に作戦部長に就任したが、日中戦争の拡大に反対し東條英機と対立、関東軍参謀副長に転出。14年陸軍中将・第16師団長を最後に16年に予備役編入。この前後から東亜聯盟運動に力を注ぐ。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:石原莞爾研究 第1集
請求記号:GK62-18
白黒、14.0×18.0 cm