片山哲 かたやま てつ(1887〜1978)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:和歌山県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:社会運動家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家首相[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家社会運動家首相
出身地(現在) 和歌山県
生没年月日 明治20年7月28日〜昭和53年5月30日
1887年7月28日〜1978年5月30日)

解説

明治45年(1912)東京帝国大学独法科卒。弁護士となり、日本労働総同盟、日本農民組合などの法律顧問を務める一方、大正15年(1926)社会民衆党の結成に参加し書記長に就任。昭和5年(1930)衆議院議員に当選。7年社会大衆党中央執行委員となるが、15年斎藤隆夫の反軍演説をめぐり除名。20年(1945)社会党結党に参加し、翌年委員長、22年初の社会党首班内閣を組織したが8カ月で総辞職。35年民主社会党結成時に社会党を脱党、民社党の最高顧問となった。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:歴代首相等写真
請求記号:憲政資料室収集文書 1142
白黒、11.1×15.6 cm