吉野作造 よしの さくぞう(1878〜1933)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:よ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:宮城県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物]

職業・身分 学者(社会科学)
出身地(現在) 宮城県
生没年月日 明治11年1月29日〜昭和8年3月18日
1878年1月29日〜1933年3月18日)

解説

政治学者。明治37年(1904)東京帝大政治学科卒業。42年東京帝大助教授に就任後、大正3年(1914)教授に昇任。この年から『中央公論』に次々と政治評論を発表した。特に5年1月号の「憲政の本義を説いて其有終の美を済すの途を論ず」では、デモクラシーに「民本主義」の訳語を与え、普通選挙法の施行と政党政治の実現を主張するなど、大正デモクラシー運動の代表的な論客となった。また、明治文化研究会を組織し、明治文化史研究にも貢献した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:閑談の閑談
請求記号:645-28
白黒、7.6×11.6 cm