横山大観 よこやま たいかん(1868〜1958)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:よ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物]

現在のカテゴリー:出身地:茨城県[前の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 茨城県
生没年月日 明治元年9月18日〜昭和33年2月26日
1868年11月2日〜1958年2月26日)
号・別称等 秀蔵
秀麿

解説

画家。明治22年(1889)東京美術学校に入学、26年卒業。29年同校助教授。31年学内の対立により、岡倉天心と共に職を辞し、日本美術院の設立に参画。36~38年にインド、アメリカ、ヨーロッパを歴訪。大正3年(1914)下村観山等と日本美術院を再興し、以降中心的存在として活躍した。昭和6年(1931)帝室技芸員、10年帝国美術院会員、12年第1回文化勲章を受章。代表作に「屈原」「生々流転」「海山十題」等がある。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:横山大観
請求記号:721.9-Y743Ny
白黒、9.5×14.3 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:日本美術院史
請求記号:706-Sa281n
白黒、4.2×6.6 cm