安田善次郎 やすだ ぜんじろう(1838〜1921)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:富山県[前の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 富山県
生没年月日 天保9年10月9日〜大正10年9月28日
1838年11月25日〜1921年9月28日)

解説

安田財閥の創設者。父は富山藩下級藩士。17歳で江戸に出、丁稚奉公の後元治元年(1864)両替店安田屋を開業。太政官札・公債などの取引、官公預金などで蓄財し、東京屈指の金融業者となる。明治9年(1876)第三国立銀行の創立に参加、13年に安田銀行を開業。15年には創立された日本銀行の理事に就任した。また、生命保険・損害保険業にも進出した。晩年東京大学安田講堂、日比谷公会堂を寄付。大正10年(1921)国粋主義者朝日平吾に暗殺された。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:大日本帝国近世人名辞彙 第1輯
請求記号:408-9
白黒、5.2×6.4 cm