武者小路実篤 むしゃのこうじ さねあつ(1885〜1976)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:む[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 東京都
生没年月日 明治18年5月12日〜昭和51年4月9日
1885年5月12日〜1976年4月9日)
号・別称等 無車(むしゃ)

解説

作家。家は公家華族。学習院から東京帝国大学に進むが中退。学習院高等科時代に志賀直哉等を知る。明治43年(1910)志賀、有島武郎等と『白樺』を創刊し、精力的に作品を発表した。大正7年(1918)に『新しき村の生活』を発表し、宮崎県に共同生活の村を作り、14年までそこで生活。昭和12年(1937)芸術員会員。日本文学報国会劇文学部会長を務め、戦後公職追放となる。26年文化勲章を受章。代表作に『お目出たき人』『友情』『或る男』『心理先生』等。また、自ら美術展を創設するなど画業においても活躍した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:武者小路実篤詩集
請求記号:911.56-M989m
白黒、6.1×9.3 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:武者小路実篤作品集 2巻
請求記号:918.6-M989m2
白黒、11.8×16.4 cm