三宅雪嶺 みやけ せつれい(1860〜1945)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:み[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(人文科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:石川県[前の人物次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト学者(人文科学)
出身地(現在) 石川県
生没年月日 万延元年5月19日〜昭和20年11月26日
1860年7月7日〜1945年11月26日)
号・別称等 三宅雄二郎(みやけ ゆうじろう)

解説

哲学者、歴史家。父は金沢藩の儒医。明治16年東京大学哲学科卒。21年政教社を設立して雑誌『日本人』を創刊。『真善美日本人』『偽悪醜日本人』(1891)等の著作を通して、国粋主義を主張する。40年には『日本』を『日本及日本人』と改題し、主筆となる。大正12年(1923)には雑誌『我観』を創刊。また哲学者としての主な著作に、『哲学涓滴』(1889)、『宇宙』(1909)がある。最晩年まで近代通史『同時代観』の執筆を続けた。昭和18年(1943)文化勲章を受ける。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:憲政五十年史 : 画譜
請求記号:430-121イ
白黒、4.1×6.3 cm