宮城道雄 みやぎ みちお(1894〜1956)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:み[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:兵庫県[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物次の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 兵庫県
生没年月日 明治27年4月7日〜昭和31年6月25日
1894年4月7日〜1956年6月25日)

解説

箏曲家、作曲家。幼少期に失明、二代目中島検校に師事し、生田流筝曲を学ぶ。免許を受けた後朝鮮に渡り、明治42年(1909)「水の変態」を作曲・初演する。大正6年(1917)東京に移住、8年に第1回作品発表会を行う。その後「越天楽変奏曲」、「春の海」などの作品を発表するとともに、十七絃琴の考案など楽器の改良にも尽力する。昭和5年(1930)東京音楽学校講師、12年教授となる。23年芸術院会員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:夢乃姿
請求記号:914.6-Mi734ウ
白黒、8.7×10.8 cm