正宗白鳥 まさむね はくちょう(1879〜1962)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岡山県[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 岡山県
生没年月日 明治12年3月3日〜昭和37年10月28日
1879年3月3日〜1962年10月28日)
号・別称等 剣菱(けんびし)
影法師(かげぼうし)

解説

作家。明治29年(1896)東京専門学校英語専修科に入学、牧師植村正久より洗礼を受ける。卒業後は同校出版部に勤務。島村抱月のもと読売新聞月曜文学欄に批評を書き始める。36年読売新聞社に入社。37年処女作「寂寞」を『新小説』に発表。41年まで『早稲田文学』に連載した「何処へ」は自然主義作家としての代表作となった。43年退社して作家として自立。短編小説のほか、戯曲や『作家論』(1941~42)などの批評を幅広く執筆する。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代小説全集 第14巻
請求記号:520-36
白黒、10.2×14.5 cm