牧野富太郎 まきの とみたろう(1862〜1957)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:高知県[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)
出身地(現在) 高知県
生没年月日 文久2年4月24日〜昭和32年1月18日
1862年5月22日〜1957年1月18日)

解説

植物学者。家は酒造業。小学校を中退、独学で植物学を学ぶ。明治17年(1884)矢田部良吉に認められ、東京大学で指導を受ける。21年より『日本植物志図篇』を自費で刊行。26年帝国大学助手、大正元年(1912)東京帝大講師となる。昭和2年(1927)理学博士、25年日本学士院会員。死去後文化勲章を贈られた。多くの新種を発見・命名し、植物学の啓蒙にも努めた。『牧野日本植物図鑑』(1940初版)等、著作も多い。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:牧野植物学全集 第1巻
請求記号:670-15
白黒、10.6×16.1 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:近代日本の科学者 第2巻
請求記号:769-183
白黒、7.5×9.0 cm