前島密 まえじま ひそか(1835〜1919)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:新潟県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚政治家実業家
出身地(現在) 新潟県
生没年月日 天保6年1月7日〜大正8年4月27日
1835年2月4日〜1919年4月27日)
号・別称等 鴻爪子(こうそうし)

解説

新潟の豪農上野家に生まれる。江戸で洋学を修め、全国を周遊後、幕臣前島家を継ぐ。明治新政府に出仕し、イギリス留学から帰国後、駅逓頭・駅逓総監などを歴任し、我が国近代郵便制度の創設に尽力した。明治14年の政変により政府を去り、立憲改進党の結成に参加。また、東京専門学校(現早稲田大学)校長、関西鉄道社長を務めた。明治21年(1888)逓信次官として官界に復帰、電話事業の創始にあたる。退官後は再び実業家として活躍。のち、男爵、貴族院議員。漢字廃止論でも知られる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:鴻爪痕
請求記号:383-80
白黒、13.8×9.3 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:鴻爪痕
請求記号:383-80
白黒、5.0×8.1 cm

写真3

新しいウィンドウで写真3の拡大画像を開きます

出典:鴻爪痕
請求記号:383-80
白黒、5.1×8.6 cm