穂積八束 ほづみ やつか(1860〜1912)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ほ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:愛媛県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(社会科学)法律家
出身地(現在) 愛媛県
生没年月日 安政7年2月28日〜大正元年10月5日
1860年3月20日〜1912年10月5日)

解説

憲法学者。父は宇和島藩士、兄は法学者の穂積陳重。明治16年(1883)東京大学を卒業、翌年ドイツに留学した。22年帰国後帝国大学法科大学教授に就任、30年から44年まで法科大学長。かたわら法制局参事官、枢密院書記官、貴族院勅撰議員、宮中顧問官等要職を歴任、教育界、官界に発言力を持った。君主絶対主義の立場から、天皇機関説に反対したほか、22年からの民法典論争に際して旧民法を批判した。法学博士。主著は『憲法大意』(1896)『憲法提要』(1910)。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:穂積陳重八束進講録
請求記号:600-2
白黒、8.4×11.7 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:東京帝国大学
請求記号:401-80
白黒、7.1×10.3 cm