古河市兵衛 ふるかわ いちべえ(1832〜1903)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ふ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:京都府[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 京都府
生没年月日 天保3年3月16日〜明治36年4月5日
1832年4月16日〜1903年4月5日)

解説

古河財閥創始者。父は醸造業。幼少時より丁稚奉公や行商に従事したのち、小野組にはいり生糸貿易に手腕をふるう。明治7年(1874)の小野組破産後は独立、8年(1875)東京に古河本店を開設し、渋沢栄一らの資金援助で銅山を中心とした鉱山経営を行った。足尾・草蔵・院内・阿仁・久根などの多くの鉱山を経営し鉱山王と称され、のちの古河財閥の基礎を築いた。しかし、足尾銅山の急激な発展は晩年鉱毒事件として問題化した。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:古河市兵衛翁伝
請求記号:554-21
白黒、10.0×13.3 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:翁の直話 古河市兵衛ノ経歴談
請求記号:554-44
白黒、9.6×14.1 cm