双葉山定次 ふたばやま さだじ(1912〜1968)

現在のカテゴリー:生年月日順:1910年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:その他[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ふ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大分県[前の人物次の人物]

職業・身分 その他
出身地(現在) 大分県
生没年月日 明治45年2月9日〜昭和43年12月16日
1912年2月9日〜1968年12月16日)
号・別称等 時津風定次(ときつかぜ さだじ)
穐吉定次(あきよし さだじ)

解説

力士。昭和2年(1927)立浪部屋入門。11年前頭三枚目から連勝を続け、12年1月、第35代横綱に昇進。右四つからの上手投げは無類の強さを誇り、14年初場所まで前人未到の69連勝を記録した。幕内276勝68敗1分33休。20年11月引退、年寄時津風を襲名。32年には日本相撲協会理事長に就任し、戦後の角界の復興、改革に尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:双葉山自叙伝
請求記号:773-31
白黒、9.3×17.5 cm