福地源一郎 ふくち げんいちろう(1841〜1906)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ふ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長崎県[前の人物次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト文学者政治家
出身地(現在) 長崎県
生没年月日 天保12年3月23日〜明治39年1月4日
1841年5月13日〜1906年1月4日)
号・別称等 福地桜痴(ふくち おうち)
夢の家主人(ゆめのやしゅじん)

解説

長崎、江戸で蘭学、英学を学ぶ。安政6年(1859)幕府に出仕。幕府使節の一員として2回渡欧。明治元年(1868)新政府を批判する江湖新聞を発行、逮捕される。3年大蔵省に出仕し、伊藤博文渡米と岩倉遣外使節にそれぞれ随行。7年から21年まで『東京日日新聞』を主宰、政府系新聞記者として言論界で大きな影響力を持った。それ以後は政治小説や歌舞伎台本の執筆、演劇改良運動など多方面で活躍した。37年衆議院議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:廿一大先覚記者伝
請求記号:070.28-O775n
白黒、5.9×8.4 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:明治人物小観
請求記号:96-133
白黒、5.2×6.7 cm

写真3

新しいウィンドウで写真3の拡大画像を開きます

出典:国史肖像大成
請求記号:281.038-Ko53ウ
白黒、6.8×9.5 cm