樋口一葉 ひぐち いちよう(1872〜1896)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ひ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 東京都
生没年月日 明治5年3月25日〜明治29年11月23日
1872年5月2日〜1896年11月23日)
号・別称等 奈津(なつ)
浅香のぬま子
春日野しか子

解説

歌人、小説家。明治19年(1886)中島歌子の歌塾萩の舎に入門。22年父の死によって一家の生計を支えることとなり、24年には半井桃水に師事して小説を書き始める。25年に発表した『うもれ木』は出世作となり、「文学界」同人との交流を得た。生活難のため、下谷区龍泉寺町で荒物や駄菓子を扱う店を開いた時期もある。『大つごもり』(1894)、『にごりえ』(1895)、『たけくらべ』(1895)などのほか、日記も残した。肺結核のため貧困のうちに死去。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代日本文学全集 第9篇
請求記号:918.6-G34ウ
白黒、3.8×5.1 cm