大久保一翁 おおくぼ いちおう(1818〜1888)

現在のカテゴリー:生年月日順:1810年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 文化14年11月29日〜明治21年7月31日
1818年1月5日〜1888年7月31日)
号・別称等 忠寛(ただひろ)

解説

幕臣。安政元年(1854)老中阿部正弘に登用され、目付兼海防掛となる。以後、蕃書調所総裁、駿府町奉行、京都町奉行などをつとめる。安政の大獄で井伊直弼により罷免されるが、文久元年(1861)再び登用され、蕃書調所頭取、外国奉行などを経て、明治元年(1868)会計総裁、若年寄となる。江戸城の無血開城実現に寄与。のち静岡県知事、東京府知事、元老院議官等を歴任した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm