西周 にし あまね(1829〜1897)

現在のカテゴリー:生年月日順:1820年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:に[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(人文科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:島根県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(人文科学)学者(社会科学)教育家
出身地(現在) 島根県
生没年月日 文政12年2月3日〜明治30年1月31日
1829年3月7日〜1897年1月31日)
号・別称等 周助(しゅうすけ)

解説

啓蒙思想家。父は津和野藩医。藩校や大坂で儒学を学んだのち、江戸に出てオランダ語、英語を習得。安政4年(1857)幕府の蕃書調所教授手伝並となり、文久2年(1862)から慶応元年(1865)までオランダ留学。明治元年(1868)『万国公法』を訳刊。3年兵部省出仕、かたわら明六社に参加し『明六雑誌』に論文を発表した。15年元老院議官、23年貴族院勅選議員。西洋哲学、論理学等の導入者として、多くの術語を考案した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:西周哲学著作集
請求記号:636-143
白黒、7.9×11.0 cm