成島柳北 なるしま りゅうほく(1837〜1884)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト文学者
出身地(現在) 東京都
生没年月日 天保8年2月16日〜明治17年11月30日
1837年3月22日〜1884年11月30日)
号・別称等 成島惟弘(なるしま これひろ)

解説

漢詩人、随筆家。父は幕府奥儒者。安政3年(1856)奥儒者に任命され、徳川家定・家茂に経学を講じる。文久3年(1863)、狂詩により幕府を諷したかどで、閉門。慶応元年(1865)再び登用され、外国奉行、会計副総裁などを歴任。維新後は明治7年(1874)『柳橋新誌』を刊行、同年9月には『朝野新聞』の主筆として迎えられ、諷刺に富んだ文章で名声を博す。10年には文芸雑誌『花月新誌』を創刊した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:十大先覚記者伝
請求記号:554-9
白黒、5.6×8.8 cm