長与専斎 ながよ せんさい(1838〜1902)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:医師・薬剤師等[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長崎県[前の人物次の人物]

職業・身分 医師・薬剤師等
出身地(現在) 長崎県
生没年月日 天保9年8月28日〜明治35年9月8日
1838年10月16日〜1902年9月8日)
号・別称等 松香(しょうこう)

解説

医師・衛生行政家。父は肥前大村藩医。安政元年(1854)大坂の適塾に入門し、のち塾頭となる。万延元年(1860)長崎に赴き、ポンペについて蘭医学を学んだ。明治4年(1871)上京し、文部少丞となり岩倉遣欧使節団に随行して渡欧、西欧の医学教育を視察、調査。6年に帰国後、文部省医務局長。8年内務省衛生局の初代局長となる。司薬場の建設、医制の制定、防疫・検疫制度の導入など、わが国衛生行政の基礎を築いた。元老院議官、貴族院議員などを歴任。回想録『松香私志』(1902)がある。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:父の映像
請求記号:281.04-To457t
白黒、4.5×6.7 cm