中村正直 なかむら まさなお(1832〜1891)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(人文科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 教育家学者(人文科学)
出身地(現在) 東京都
生没年月日 天保3年5月26日〜明治24年6月7日
1832年6月24日〜1891年6月7日)
号・別称等 中村敬宇(なかむら けいう)
中村敬太郎(なかむら けいたろう)

解説

父は幕府の同心。昌平坂学問所に学び、安政2年(1855)学問所教授、文久2年(1862)幕府の儒官となる。慶応2年(1866)幕府遣英留学生の監督として渡英。維新で帰国し静岡に移り、『西国立志編』『自由之理』を翻訳刊行、ベストセラーとなる。明治5年(1872)上京し、大蔵省に出仕。6年家塾同人社を開設。7年明六社に参加。キリスト教にも関心を持ち受洗。女子教育・盲唖教育にも尽力した。14年東京大学教授、19年元老院議官。文学博士。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:中村正直伝
請求記号:33-616
白黒、10.6×15.1 cm