中野正剛 なかの せいごう(1886〜1943)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家ジャーナリスト
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 明治19年2月12日〜昭和18年10月27日
1886年2月12日〜1943年10月27日)
号・別称等 中野耕堂(なかの こうどう)

解説

早稲田大学卒業後、東京朝日新聞記者を経て、東方持論社主筆となる。大正9年(1920)衆議院議員となり、以後連続8回当選した。雄弁家として知られ、昭和4年(1929)浜口内閣の逓信政務次官となる。11年東方会を結成し南進論を唱えた。日米開戦後は東条英機と対立し、18年東条内閣打倒の重臣工作を企て失敗。憲兵隊に取調べを受け、帰宅後、割腹自殺した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:魂を吐く
請求記号:747-165
白黒、8.4×12.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:浜口内閣
請求記号:83-459
白黒、5.7×7.7 cm