永田鉄山 ながた てつざん(1884〜1935)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長野県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 長野県
生没年月日 明治17年1月14日〜昭和10年8月12日
1884年1月14日〜1935年8月12日)

解説

陸軍大学校卒業後、ドイツ、デンマーク、スウェーデンに駐在。国家総動員を研究。大正10年(1921)スイス公使館付武官となり、バーデンバーデンで岡村寧次、小畑敏四郎と将来の陸軍改革を誓う。昭和元年(1926)陸軍省整備局初代動員課長。以後、軍務局軍事課長、参謀本部第二部長などをへて、9年軍務局長となる。統制派の中心人物として手腕を振るったが、翌年8月執務中に皇道派の相沢三郎中佐に殺害された。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:鉄山永田中将
請求記号:GK89-28
白黒、10.7×15.3 cm