内藤湖南 ないとう こなん(1866〜1934)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(人文科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:秋田県[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(人文科学)ジャーナリスト
出身地(現在) 秋田県
生没年月日 慶応2年〜昭和9年6月26日
1866年〜1934年6月26日)
号・別称等 内藤虎次郎(ないとう とらじろう)
炳卿(へいけい)
黒頭尊者

解説

歴史学者。県立秋田師範学校卒業。上京後、『日本人』、『大阪朝日新聞』等の編集・論説で活躍。一方で中国研究に関しても造詣を深める。明治40年(1907)から京都帝国大学史学科で東洋史を担当。42年教授。大正15年(1926)定年退官。帝国学士院会員。その研究は幅広い領域にわたり、時代区分論、古代史、清朝史等の中国史のみならず、日本史にも業績を残す。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:京都府帝国大学文学部30周年史
請求記号:281-43
白黒、3.4×4.9 cm