豊田佐吉 とよだ さきち(1867〜1930)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:と[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:静岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 静岡県
生没年月日 慶応3年2月14日〜昭和5年10月30日
1867年3月19日〜1930年10月30日)

解説

実業家、発明家。父は大工。名古屋に出て織物工場の職工となり、明治23年(1890)最初の発明木製人力織機、30年日本初の動力織機を完成させる。三井物産が注目し32年井桁商会を設立、佐吉は技師長に就任。39年には三井の資金提供で豊田式織機株式会社が創立され、佐吉は常務兼技師長となったが、方針の違いにより43年辞任した。大正15年(1926)に画期的な豊田式自動織機を完成、豊田自動織機製作所を創設。晩年まで研究を重ね、多数の特許を取得した。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:豊田佐吉伝
請求記号:640-44
白黒、10.4×14.6 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:豊田佐吉伝
請求記号:640-44
白黒、10.4×14.6 cm

写真3

新しいウィンドウで写真3の拡大画像を開きます

出典:豊田佐吉伝
請求記号:640-44
白黒、10.4×14.6 cm