富岡鉄斎 とみおか てっさい(1837〜1924)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:と[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:京都府[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物次の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 京都府
生没年月日 天保7年12月19日〜大正13年12月31日
1837年1月25日〜1924年12月31日)
号・別称等 鉄史(てっし)
鉄崖(てつがい)
百錬

解説

画家。父は法衣商。国学・儒学・仏典を修め、歌人太田垣蓮月に学ぶ。明治元年(1868)から各所の神社の宮司を務め、神社復興に尽力。14年以降は京都に戻り、学問と画業に専念し、南画壇の重鎮となった。大正6年(1917)に帝室技芸員、8年に帝国美術院会員。最晩年まで盛んな制作活動を行い、独自の画境を築きあげた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:富岡鉄斎の研究
請求記号:721.7-Ko91-2ウ
白黒、10.8×14.6 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:国史肖像大成
請求記号:281.038-Ko53ウ
白黒、5.6×7.4 cm