徳冨蘆花 とくとみ ろか(1868〜1927)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:と[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:熊本県[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 熊本県
生没年月日 明治元年10月25日〜昭和2年9月18日
1868年12月8日〜1927年9月18日)
号・別称等 徳富健次郎(とくとみ けんじろう)

解説

小説家。少年時に同志社に入学、洗礼を受ける。同志社を中退後、明治22年(1889)兄徳富蘇峰の経営する民友社に入る。31年から国民新聞に連載した「不如帰」は明治屈指のベストセラーとなり、それに続く「自然と人生」「思出の記」などにより小説家としての地位を確立した。39年エルサレム巡礼に出、トルストイも訪問する。40年東京府下千歳村粕谷(現世田谷区)へ転居、半農生活に入る。兄蘇峰とは長らく絶交状態であったが、昭和2年(1927)伊香保で療養中に和解、その翌日に死去した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:徳富蘆花
請求記号:910.28-To454It
白黒、6.9×9.7 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:蘆花の芸術
請求記号:910.28-Ma262-2ウ
白黒、9.1×13.7 cm