東郷茂徳 とうごう しげのり(1882〜1950)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:と[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官政治家
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 明治15年12月10日〜昭和25年7月23日
1882年12月10日〜1950年7月23日)

解説

東京帝国大学卒業後、外務省に入る。中国・欧米での勤務の後、欧米局長、欧亜局長、駐独大使、駐ソ大使などを歴任。昭和16年(1941)東条内閣の外相兼拓務相に就任、日米交渉の打開に努める。翌年、大東亜省設置に反対して東条と対立し外相を辞職した。20年鈴木内閣の外相兼大東亜相に就任し、戦争の終結に努力。戦後はA級戦犯として20年の禁錮刑を受け、拘禁中に病死した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:時代の一面
請求記号:319.1-To381z
白黒、7.0×9.1 cm