円城寺清 えんじょうじ きよし(1870〜1908)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:え[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:佐賀県[前の人物次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト
出身地(現在) 佐賀県
生没年月日 明治3年11月〜明治41年10月21日
1870年〜1908年10月21日)

解説

明治22年(1889)東京専門学校の邦語政治科に入学し、25年に卒業。大隈派の新聞だった郵便報知新聞に入るが、立憲改進党党報局に迎えられる。同党が分裂の後、憲政本党党報の主任記者、32年に万朝報の論説記者となり、行動する言論人として知られた。著作に『大隈伯昔日譚』(1893)『地租全廃論』(1903)などがある。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm