辰野金吾 たつの きんご(1854〜1919)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:佐賀県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)
出身地(現在) 佐賀県
生没年月日 嘉永7年8月22日〜大正8年3月25日
1854年10月13日〜1919年3月25日)

解説

建築家。父は唐津藩士。明治12年(1879)に工部大学校(後の東京大学工科大学)造家学科第1期生として卒業、翌年イギリスに留学しロイヤル=アカデミー=アーツなどで建築設計を学ぶ。16年帰国、翌17年工部大学校教授となり、35年まで建築設計の教育にあたる。退官後は36年葛西万司と辰野葛西建築事務所、38年片岡安と辰野片岡建築事務所を創立し、もっぱら民間の建築家として活動。現存する代表作に日本銀行本店、東京駅などがある。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:工学博士辰野金吾伝
請求記号:289.1-Ta961Sk
白黒、11.3×16.3 cm