田口卯吉 たぐち うきち(1855〜1905)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(社会科学)ジャーナリスト政治家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 安政2年4月29日〜明治38年4月13日
1855年6月13日〜1905年4月13日)
号・別称等 鼎軒(ていけん)

解説

経済学者、歴史家、政治家。父は幕臣。最初医学を志したが、大蔵省翻訳局で英語・経済学を修め、『日本開化小史』(1877~82)、『自由交易日本経済論』(1878)等を著す。明治11年(1878)辞職。翌年経済雑誌社を興し「東京経済雑誌」を刊行、多くの論説を発表する一方、東京株式取引所、鉄道経営等にも関与した。27年以降衆議院議員。また、『群書類従』(1894)、『国史大系』(1901)等、大部の史料叢書を復刻・編集した。法学博士。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:田口鼎軒略伝
請求記号:556-493
白黒、5.6×8.0 cm