高山樗牛 たかやま ちょぎゅう(1871〜1902)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山形県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 山形県
生没年月日 明治4年1月10日〜明治35年12月24日
1871年2月28日〜1902年12月24日)
号・別称等 斎藤林次郎(さいとう りんじろう)
高山林次郎(たかやま りんじろう)
高斎林良
林斧太(はやし おのた)

解説

文芸評論家。文学博士。帝国大学文科大学哲学科卒。在学中の明治27年(1894)読売新聞の懸賞小説に『滝口入道』が入選。上田敏らと「帝国文学」の編集委員を務める。卒業後博文館に入社、雑誌『太陽』の編集主幹となり、文学、哲学、美学など多岐にわたる評論を執筆。初め日本主義を主張するがニーチェの影響で個人主義に転じ、『美的生活を論ず』(1901)では本能満足説を提唱。晩年は日蓮に傾倒した。肺結核の悪化で欧州留学を断念し34年東京帝大の講師となるが、翌年没。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代日本文学全集 第13篇
請求記号:918.6-G34イウ
白黒、5.0×7.3 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:幕末明治文化変遷史
請求記号:210.6-To591b2-t
白黒、4.5×5.6 cm