高村光雲 たかむら こううん(1852〜1934)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物次の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 嘉永5年2月18日〜昭和9年10月10日
1852年3月8日〜1934年10月10日)

解説

彫刻家。文久3年(1863)仏師高村東雲の門に入って木彫を学び、高村姓を継ぐ。明治10年(1877)内国勧業博覧会で最高賞を受賞。19年東京彫工会を設立。22年から東京美術学校で彫刻科を指導した。木彫に写実主義の技法を取り入れ、山崎朝雲、平櫛田中など後進の育成にも尽力した。大正8年(1919)帝国美術院会員。代表作は「老猿」「楠公像」「西郷隆盛像」など。詩人・彫刻家の高村光太郎、鋳金家の高村豊周の父。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:光雲懐古談
請求記号:578-233
白黒、9.0×12.0 cm