末広鉄腸 すえひろ てっちょう(1849〜1896)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:す[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:愛媛県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト政治家
出身地(現在) 愛媛県
生没年月日 嘉永2年2月21日〜明治29年2月5日
1849年3月15日〜1896年2月5日)
号・別称等 子倹(しけん)
浩斎(こうさい)
重恭(しげやす)

解説

父は宇和島藩士。藩校に学び藩校教授となる。明治7年(1874)大蔵省に出仕。翌8年曙新聞社に入社、新聞紙条例を批判し投獄される。のち朝野新聞に転じ、再び筆禍により投獄。自由党結成に尽力したが板垣退助の外遊を批判して脱党。『雪中梅』(1886)『花間鶯』(1887)等の政治小説を刊行。23年第1回総選挙に当選、自由党に属するが脱党、第2回総選挙には落選した。のち再度当選を果すが29年病没。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:過去の政海 鉄腸叢書
請求記号:GK131-42
白黒、5.2×6.4 cm